友達ができない犬

『フーラ』が生後2ヵ月ちょっとでわが家に来たときには、『ロック』(8歳)、『コタロー』(6歳半)、『アクセル』(3歳)という3頭のオスがいました。

フーラが来てからは4畳半くらいの子犬部屋を作り、遊ぶときはそこを使うようにしました。成犬が飛び越えられるくらいの低めのフェンスで囲ってあるのですが、私がフーラと遊んでいても、最初ほかの犬たちは入ってこようとしませんでした。入ってきても、子犬のニオイを嗅いですぐに出ていってしまいます。

1週間すると、まずアクセルが積極的に入って来るようになりました。フーラをひっくり返して押さえつけたり、マズルをくわえたり。この段階では、アクセルが一方的にフーラに仕掛けている感じでした。それが1週間くらい続いた後、今度はアクセルがひっくり返ってフーラにお腹を見せるしぐさを見せ始めました。

多頭飼いの飼い主さんから、「先住犬が子犬にお腹を見せたのですが、負けてしまったのでしょうか?」と質問されることがありますが、そうではありません。これは人間の大人が子どもと遊んであげるのと同じで、わざとひっくり返ってあげているのです。動物行動学によると、お互い同じことをすることで遊びが成り立つとされています。つまり、上になるけど下にもなる、噛みつくけど噛まれてやるなどがそれに当たるでしょう。

それからは、アクセルとフーラの2頭はとてもよく遊びました。アクセルは子犬のフーラにボールを投げてやっては追いかけるように促したり、大きめのぬいぐるみを持っていってフーラにくわえるよう差し出して引っ張りっこを教えたりと、熱心に遊んでやっていました。

アクセルは、子犬のころコタローに遊び方を教わりました。フーラが子犬を5頭産んだときも、母犬であるフーラではなく、ほとんどアクセルが遊びを教えていました。アクセルの子犬育てはとても興味深いものでした。

フーラを迎えてから、彼女の社会化のためにパピーパーティーを開催することにしました。フーラには3頭の同居犬がいましたが、群れになった犬と仲良くできてもそれは社会化とは言いません。「うちは多頭飼いだから、犬に対する社会化はできています」と言う飼い主さんがいますが、それは間違っていると言っていいでしょう。実際には、お散歩中に2頭そろって相手の犬に思いっきり吠えかかってしまうというケースは多いのです。それでは社会化ができているとは言えません。

群れの犬と仲良くできることと、初対面の犬とちゃんとあいさつができるのは、別の問題なのです。

フーラの社会化を意識したパピーパーティーでしたが、本犬はかなりブルーなようでした。ほかの子犬たちとまったく遊ぼうとしません。集まってくれた子犬たちのなかには、相性が良さそうな相手を見つけて遊び始めている子犬もいるというのに、結局フーラは最後まで誰とも遊べませんでした。

そのときふと、フーラから「うちには大好きなお兄ちゃんたちがいるのに、なんで知らない犬と遊ばなきやいけないの?」というメッセージをもらったような気がしたのです。群れには3頭の犬たちがいて仲良く遊べるのだから、ほかの群れの知らない犬たちと遊ぶのは、じつはナンセンスなのかもしれません(群れのメンバーには、もちろん飼い主さんも含まれます)。

そんなフープも大人になりました。自らケンカをしかけることはしませんが、しつこく近づいてくる犬には「ガウッー」とやります。これは「来ないでっI」と言っているようです。フーラのこの態度は、社会化ができていないことによるものなのでしょうか?それは違うと思います。フープは、その犬に近づいてほしくないから、「来ないで!」と伝えただけだと思います。

相手が空気を読まない感じで近づきすぎたときに「嫌だ」と意志を表明するのは、メスに多いように感じます。「種」と「畑」の違いでしょうか。メスは好きでもないオスに近づかれたとき「来ないで」と言う権利があると思うのです。そしてそういうときのオスは、めったに怒りません。「失礼しました~」という感じで離れていくことが多いようです。ちなみにオオカミのオスは、絶対にメスを噛んだりしないそうです。

「犬の問題行動」とは、飼い主が困っていたり、他人に迷惑をかけたりする行動を指します。私はフープの行動に困ってはいません。人にうなることはありませんので、迷惑をかけることもありません。フーラがハッピーじゃないから、基本的にお散歩中にほかの犬へのあいさつはしない主義ですが、なかには自分の犬を寄せてくる飼い主さんもいます。

そういう場合は、ひと言「気に入らないと、ガウッてしますよ」と断っておくようにします。でないと、後で文句を言われたりする可能性があるからです。

お客さまから聞いた話ですが、怖がりのチワワの散歩をしていたら、ノーリードのゴールデンーレトリーバーがいきなり近づいてきたので、恐怖のあまり吠えてしまったら、「何てしつけができてない!」と言われてしまったそうです。吠えないようにするトレーニングも可能ですが、限度はあります。「絶対に悲鳴を上げてはダメ!」と言われてお化け屋敷に入る勇気、ありますか?

そもそも、ノーリードは条例違反です。社会のルールを守るという「しつけ」ができていないのは、このゴールデンーレトリーバーの飼い主さんのほうではないでしょうか?

犬が苦手で嫌いな人だっているのです。小さくてかわいらしいトイープードルだって、怖い人にとっては怖いのです。愛犬をノーリードにするということは、その人たちへの気遣いをしていない、ということになるのではないでしょうか。

今でもフーラは、ドッグランに連れて行っても楽しそうではありません。私の足下で「帰りたい」と訴え続けます。K9ゲームに出場するために山中湖のロッジに泊まったときも、コタロー、アクセル、アトラスは、一緒に泊まっていた友人たちにおやつをもらったり、連れの犬たちとふれ合ってみたりと忙しく動き回っていたのですが、フーラだけは八ウスに入って「そっとしておいてオーラ」を出していました。

成熟したメスとしては、自然な行動のようにも思います。そういう犬生も、ありだと思います。私は、そんなフーラを受け入れたいと思っています。

 

多頭飼いのコツ

最初に飼い始あた柴犬の『ロック』が1歳半になったころ、仕事が忙しくなった私は、あまりロックをかまってやれなくなりました。ロックが寂しいだろうと、2頭目の犬『コタロ-』を迎えることに。ところが、コタロ-は遊びたくてしかたないのに、ロックはあまりうれしそうではありませんでした。

ちょっと後悔しましたが、ロックが亡くなるまで2頭はいつも寄り添っていましたので、結果オーライだったと信じています。何ど言っても、犬は群れで生きる動物ですから……。

しかし、安易に多頭飼いをするのはおすすめできません。いろいろな飼い主さんのケースを見てきて、飼い主さんを独占して1頭で生活していくほうが幸せな犬もいると思ったからです。

ロックが4歳半、コタロ-が3歳を過ぎたころ、私は訓練所を辞めました。体罰を使わず、教めった方法で子犬を育ててみたいと思い、3頭目の『アクセル』を迎えました。

アクセルは、ロック、コタローと同じくらい、あるいはそれ以上に性質のいい犬に育ってくれました。

幸い、コタロ-とアクセルはとてもよく遊びました。ロックは相変わらず知らんぷりでしたが(笑)、コタロ-はよく毛づくろいをしてアクセルの世話をしたり遊んでやったりしていました。コタローは今でも群れのメンバーの世話を焼くのが好きです。

アクセルが3歳になったころ、しつけのアドバイスをする上で、どうしても犬の子育てを見てみたいと思い、『フーラ』を迎えました。初めて飼うメス犬です。2007年、ブリーダーの指導のもと、フーラは元気な5頭の子犬を産んでくれ、新米母さんなりにがんばって子育てを見せてくれました。

フーラが生んだ5頭の中の1頭が、わが家に残った『アトラス』です。生まれてからずっと付き合えたおかげで、変化の大きい誕生から6ヵ月齢までの時期はもちろん、反抗期真っただ中、そして4歳になる今までの成長を観察できたことは、ドッグトレーナーとしてもとてもすばらしい経験になりました。

多頭飼いは、うまくいけばとても楽しいものです。ある意味、そうあるべきとも感じるほどです。

わが家の群れの様子を見ていると、もう1頭だけで飼うことは考えられません。犬同士が遊んだり、かまいあったりしている様子を見ることは、本当に楽しいんですよね。

このように多頭飼いは楽しいものですが、トラブルが起きる場合もありますので、プロのアドバイスを受けられることをお勧めします。指導してもらうドッグトレーナーは、多頭飼いをしたことがある人を選んでください。とくにオス同士の多頭飼いをしたことがあるのは必須で、そこにメスが入っていればなお良いです。オス同士、メス同士、混合の群れでは、少しずつコツが違ってきますから これから群れを増やしてみたいと思っている方に、いくつかアドバイスさせていただきます。

ポイント①どこから子犬を手に入れるか?

犬は群れで生活して生きてきた動物なので、ある意味多頭飼いは自然なことです。しかし、生まれてまもなくペットショップのガラスケースに入れられるなど、本来あるべき環境を与えられなかった子犬は、同じ種であるはずのほかの犬への順応力がついてない場合があります。

優良なブリーダーさんから、飼い主さんのもとに来るまでの時間を犬のなかで過ごした子犬を手に入れることがお勧劭です。

ポイント②飼い主さんと犬たちとの関係

何頭増やしたとしても、1頭1頭と飼い主さんがしっかりとした関係を築くことが大事です。

飼い主さんが決定権を持ち、犬同士のケンカなどをきちんと仲裁できないようでは不安が残ります。飼い主さんが、群れの管理をしっかりとできる存在になる必要があると思います。

ポイント③性格と性別

性格は似ているほうが仲良くなれる可能性が高いですが、似ていなくてもお互いに良い影響が出る場合があります。

性別に関しては、オス同士、メス同士でトラブルが起きるケースが比較的多いように感じます。しかし逆に、オス同士やメス同士でも仲良くできる場合もあります。

オスとメスならトラブルが少ないようですが、もちろん例外もあります。去勢していないオス同士は、少々注意が必要かもしれません。

ポイント④年齢差について

それほど気にする必要はないと思います。幼いうちは年齢が近いほうがよく遊べますが、亡くなる時期が同じくらいになるので、飼い主さんにとってつらいことになる可能性もあります。

年が離れていても、うまく遊べることもあるようです。また、先住犬が年を耿ってから子犬を迎えたケースでは、先住犬が若返ったという話を多く聞さます。

ソファに乗れなかったのが、「若い者にはまだまだ負けんわい!」とでも言うかのように、軽々と飛び乗るようになった犬がいました。

おかげさまで、わが家の『コタロ-』も、12歳のわりには若々しいかと思います(親バカです)。